Un cane dell mia casa ~我が家の犬~ (犬名 ADAMANT OF BEAUTY DOLL FCI)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by りょう&muku
 
[スポンサー広告
ご無沙汰しておりますペコリ(o_ _)o))

最近の私・・・肩がこりこり・・・頭痛   ジャスコのリラックスに行ってもんで貰うもなかなか治らず、、、結局めがねを買って今掛けてます。もともと目があまりよくない私。しかも乱視だから掛けなきゃだめなのに掛けてなかったから・・・こんなことに。。。前は遠視と乱視(所謂、老眼???)だったのに、今は近視と乱視になった。


遠視から近視になる事は、あるそうですけど、近視から遠視になる事はないそうです。


お風呂につかり大分よくなり、さ~そろそろUPしようかと思った矢先・・・親戚の伯父さんが亡くなった。


14日の朝、一度目の電話6時3分母からでした。気づかず寝ていた私。掛け直しても出ない。そして、そのあとすぐ電話がなった。


泣き声の母・・・篠路の伯父さん(母方の兄弟)亡くなったよ。。。はっきりと聞こえたはずなのに、聞き間違ったと思った私は、聞きなおしました。でもやっぱり同じ言葉が返ってきた・・・。


その後、兄からも電話がきて、札幌のホテル3連休だからどこも空いてない。探してくれと言う電話。すぐ、会社に電話して社長にお願いしたけど、結局会場にあったらしく、キャンセル。家族が慌てていた。。。


会社に行って、お花の用意次の日の休暇を貰い、その日mukの散歩終わってすぐ、篠路へ行った。着いたのは20時ちょっと前。


寝ている伯父さんに手を合わせた。


伯母さんと母と3人であるものを食べて、たわいもない話をしている時、母の弟もやってきて、またも話しに花がさいた。


今私が住んでいる家に引っ越す前、幼馴染と東札幌に住んでいた。東札幌へ越す前、部屋が空くまで1ヶ月程、篠路に居候していた私。一番行く事が多い親戚の家。私にとって札幌での父と母であった。


いつも優しい、伯父さんだった。今の今まで信じられなかった。葬儀の最中も、これは夢?現実なのか?本当に伯父さんが亡くなったとは思えなかった。


一緒に住んでた頃、一緒にご飯食べて・・・伯父さんは本が好きでいつも読んでた。イヤホンで音楽を聴いていた(昨日までラジオを聞いていたと思っていたけど、石原裕次郎とか聞いていたらしい)。


伯父さんは、心筋梗塞・肺がんと病気をしてきた。最後は脳内出血?脳梗塞?で倒れ、ていじんかい病院に入院していた。倒れたことを聞きつけ、私は会社を抜けてお見舞いに行きました。管をいっぱい通していた、苦しそうだった。


しばらくして、お見舞いに行ったとき、あの優しい伯父さんではなかった。きっといっぱい管を通した自分、私に見られたくなかったんだろう。それから私は、お見舞いには行っていない。


今年8月近所の病院に転院して、そして急変して亡くなった。


伯父さん、もう痛くないよ、もう苦しまなくてよくなるよ・・・良かったね。叔母さん守ってよ。そのくらいの事しか言えなかった。伯父さんは、まだ72歳・・・。


今日告別式をで寝ている伯父さんに花を入れていても、信じられなくて。手稲の火葬場で伯父さんが骨になった時、初めてやっぱり死んだって思った。


今も涙が止まりません。前の病気と同じように、また家に戻って来ると思っていた私。だから、信じられなかった。


いつもいつも優しかった、伯父さん、これからはゆっくりしてくださいね。ご冥福をお祈り致します。安らかに・・・


そして、ありがとう・・・今度の休み行くからね。

スポンサーサイト
Posted by りょう&muku
comment:11  
[ありがとう]  thema:かわいい♪コーギー - genre:ペット
comment
りょうさんの伯父さん、亡くなられたんですね。。。
別れは悲しいものですね。
私の父は、69歳で亡くなりました。
いつも元気で、怖かった父が病気で小さくなって行く姿を、見るのが辛かったです。
いつまでも生きてて欲しいけど、そんなのは無理な話だから、せめて悔いのないように看取れれば、それでよかったんだって思うしかないですよね。。。

伯父さんのご冥福を心よりお祈りいたします。
2007/09/18 14:29 | | edit posted by ムクまま
人の死を受け入れるのはそう簡単ではないですよね。
ムクままさんと同じく、私の父も64歳で亡くなりました。最後の半年は見るのもつらかったですが、最後まで看取ることはできました。でも、今でも思い出すと泣けます。それでもいいと思ってます。だからりょうさんも思い切り悲しんであげてください。それが供養だと思います。

伯父様のご冥福を心よりお祈りいたします。

2007/09/18 15:58 | | edit posted by yummyyummy
伯父さん、亡くなられたのですね。
りょうさんがその伯父さんの家にお世話になっていた時代があるということは、なおつらいですね。
人は必ず死に向き合わなくてはならないです。
私も、何人も身内を亡くしています。
りょうさん、思い切り泣いてください。
どうか、天国で、幸せな日々を過ごされますように。
2007/09/18 18:47 | | edit posted by アンまろ
ありがとうございます。
亡くなった姿を見て、痩せこけた伯父さんを見て辛かったです。
そして、父の事を思いました。
札幌と函館近いようで簡単にはいけない距離。
きっと伯父さんも今ごろ元気よく笑って過ごしているでしょう。ありがとうございます。
2007/09/18 19:18 | | edit posted by ♪ムクママ サマ
ありがとうございます。
私の父は健在ですが、父も64歳です。
糖尿病になり、今は完治はしないものの毎日毎日歩いています。お陰で体重も維持しているようですから・・・。
本当に簡単ではないです。ショックでした。
でも、きっと今は痛みもなく楽しくしていると思います。
ありがとうございます。
2007/09/18 19:20 | | edit posted by ♪yummyyummy サマ
突然のことで、信じれなく、信じたくない気持ちでいっぱいでした。でも、骨になったのを見て、やっぱり死んだんだって・・・。
もっとお見舞い行けば良かったって思います。伯父さんが嫌がってても、ちらっと顔出すだけでもしてれば良かったって。。。
ありがとうございます。
伯父さんも今は元気でいると思います。
2007/09/18 19:23 | | edit posted by ♪アンまろ サマ
りょうさん、お久しぶりです。
大変でしたね。。。少しは落ち着きましたか?
身近な人の死は、本当に辛いですが、きっとそばに居てみていてくれると思います。
ゆっくり、元気になってくださいね!!

伯父様のご冥福をお祈り申し上げます。
2007/09/20 09:34 | | edit posted by りくのこ
亡くなるって、辛いより先に
実感がないですよね。
ワタシも大好きだった祖母と祖父が
2年前いっぺんになくなったけど
まだ遊びに行ったらいるような気がします。
伯父様のご冥福を心からご冥福を申し上げます
2007/09/22 14:49 | | edit posted by フミクロ
ふざけたわけではなく
本当に間違えてしまいました。
伯父様のご冥福を心からお祈り申し上げます。
2007/09/22 14:53 | | edit posted by フミクロ
ご無沙汰しております。

ありがとうございます。
悲しみに浸ってばかりもいられないですからね。そんなんだと伯父さんもゆっくり出来ないだろうから、頑張ってます。
ありがとうございます。
2007/09/22 20:07 | | edit posted by りくのこ サマ
ありがとうございます!
元気でましたよ。

本当ですね、明日行くんですけどいるようなというか、ずっと入院してたんで最近はいなかったから・・・。でも普通に、入院している感じがします。
何だこのコメント~。
ありがとうございます
2007/09/22 20:09 | | edit posted by ふみくろ サマ
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。