Un cane dell mia casa ~我が家の犬~ (犬名 ADAMANT OF BEAUTY DOLL FCI)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by りょう&muku
 
[スポンサー広告
今日は・・・
今日は、mukuの四十九日


DSC_0183.jpg

mukuは今どこにいるんだろうな~

まだ私の近くに?

生まれ変わって、また私の所に来てほしい

本当にいい子だった

姪っ子・甥っ子のしつこさにも嫌がらず、だまって言うこときいて


留守番もちゃんと出来て

本当にいい子だった

そんなmukuの命を奪った、病気が憎い

その気持ちは、きっとずっと残ると思う

だから、皆さんは後悔しないようにワンコとの生活を大切にして下さいね

mukuは、まだ生きたかったかな
mukuは、満足の犬生だったかな

話す事が出来ないから、飼い主の私でもmukuが思ったことはわからない

mukuは、うちの子で本当に幸せだったのか
mukuは、私の事好きだったのか

正直、わからない

9年一緒にいたら、居て当然のmuku

毎日、ほぼ決まった時間に散歩してご飯食べて・・・それが9年間の日課であった

それがある日突然崩れる・・・病気によって


私の心にぽっかり空いた穴


いつか埋まるんだろうか

mukuという存在が、そこまで大きく、そして私の支えだった


そんなふうに思わない為にも、今のワンコとの生活を大切にして欲しいと心から願います


まだまだ、大きく空いた穴は埋まることはないけど

mukuが生まれ変わり、私の元に帰って来てくれる事信じて


そしてmukuが繋いでくれたご縁を大切に


ありがとう、muku



感謝



ありがとうございますm(__)m
スポンサーサイト
Posted by りょう&muku
comment:6  
[組織球性肉腫
comment
どんなにいろいろしてあげても、飼い主が満足することってないかもね。mukuくんは幸せだったのか、自分のこと好きだったのか・・・ってずっと思ってしまう気持ち、わかります。
私だって今、プーを失くしたら同じように自問自答すると思う。

でも、なんの見返りも求めない無償の愛をくれた子だからこそ、りょうさんの支えになったんだよね。りょうさんがmukuくんのこと大事に大切に思っていたことは事実だもん。りょうさんのぽっかりあいた穴、すぐには埋まらないけど、いつか少し小さくなって笑えるといいね。
2012/02/21 16:46 | | edit posted by yummyyummy
★お返事デス★
yummyyummy さん

そうかもしれないですね~。
治療方法も、辛い姿を見たら・・・これでmukuは良かったのかな?そんなふうに思います。私は、mukuらしく過ごして欲しいし、副作用の事を考えて抗がん剤治療は拒否しましたけど・・・色々考えちゃいます。

楽しい事は楽しいって思えるんですよ!でもふとした時に辛そうなmukuの姿が頭よぎります。

本当に辛かったですよ。
毎日泣いてました。

それでもmukuは、力が入らない状態でも、顔をあげて私を追ってました。



病気で愛犬を亡くすことが、こんなにも辛く悲しい事だとは思いませんでした。想像以上でした。

健康第一です!!ワンコも人も(❤ฺ→∀←)ノ
2012/02/21 17:03 | | edit posted by りょう
どれだけの事をしても、きっとこれで良かったんだと思える飼い主は
そんなにいないんじゃないかなぁ。
それは人間を看取る時も同じだったと私は感じてるよ~
後悔をするのは、それだけ愛してたからだと思う。
だから全てに於いて少しでも後悔をしない様に
日々 暮らしていく事を心掛けて~
と 私もいつも思ってるけど、日々同じ暮らしの中で
ついつい忘れてしまうんだよね。

りょうさんの言葉をしっかりと胸に刻んで、毎日を大切に過ごしていきたいと思ってる!
この思いはmukuくんからのメッセージなんだよね♡
2012/02/24 10:58 | | edit posted by ムクまま
★お返事デス★
ムクままさん

きっと全てが納得出来たのなら、よかったのかもしれないです。でもこんな経験、出来るもんじゃないです。

日に日に弱っていく姿を、自分の目で見ながら・・・きっとむくは強くなってねって言うことも教えたかったのかも。

9年という時間は長いようで短い・・・そして最後の一か月は物凄く長く感じました。

わかっていても、なかなかできないですよね。
でも、大切にして下さい、今の穏やかな日々を。

むくは自分の身をもって沢山の事を残してってくれたように思います。
むくの死で、少しでも大切に過ごそうって思ってくれるだけでも、私もむくも嬉しいです。

2012/02/25 09:39 | | edit posted by りょう
元気に過ごしていた時の事を思うと、何が悪かったのか・・・って、自分を責めがちになるけれど、どんなに手を施しても これでよかった、って思える事なんて きっとないんでしょうね。
私も今、 毎日変化する状態みながら、 聞けない心の声を自分なりにとらえ『これでいいのか・・・』と自問自答の繰り返し; 

 mukuくんが りょうさんの元で共に暮らした時間、
9年って年数は 短かったかもしれないけど、とっても密な時間だっはず 幸せだったはずよ^^ 私は そぉ思います。
そして mukuくんは また生まれ変わって りょうさんの元に 帰ってくるはず 
 運命の糸って あるみたいよ 
  
 
 
2012/02/29 18:47 | | edit posted by tomo
★お返事デス★
tomoさん

そうは思うんですけどね、もう少し生きて欲しかったが正直な気持ちですね。生きたくても生きられない命があるのなら、mukuに分けて欲しかったと・・・。
病気がわかって、弱ってきたころ、mukuの今の気持ちをわかってあげれなかったんです。
どうしたいのか、どうして欲しいのか。元気な時は顔みたらわかっていたけど、反応もなくなるとますますわからなくなってました。まぁ、最後は、ご飯も食べれず、お水しか口にしなかったから、立てなかったので運んであげてましたけど。
きっと表情を出すのもつらかったんだと思います。
本当、話す事が出来たのならって思います。tomoさんも聞けない心の声、うまく受け取ってあげて下さいね。

運命の糸・・・赤い糸がいいかも(笑)
2012/03/01 18:30 | | edit posted by りょう
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。