Un cane dell mia casa ~我が家の犬~ (犬名 ADAMANT OF BEAUTY DOLL FCI)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by りょう&muku
 
[スポンサー広告
~小麦グルテンについて~

ソフィアさんから届いた資料です。


①先月「ペットフードのリコール」の話題が、テレビやインターネットを駆け抜けました。


ワシントン  カナダのペットフード大手メニュー・フーズ社は、17日北米向けに昨年12月3日から今年の3月6日までに出荷した、犬や猫むけのペットフードをリコールすると発表した。米国で、同社のペットフードを食べた犬や猫の腎不全が相次いで報告され、約10頭が死亡したためとしている。


 リコール対象となっているのは53銘柄のドッグフードと42銘柄のキャットフードで、米小売大手ウォルマートなどのブランド名で発表されている6000万個に達する。


 リコールの対象の製品にはすべて、新しい供給元から購入した小麦グルテンが含まれているという。腎不全などに陥った犬、猫の総数は明らかになっていない。また、同社の製品とペットの疾患に、直接的な関連があるかどうかもわかっていない。しかし、同社の親会社メニュー・フーズ・インカム・ファンドは「何が怒っているか、把握できていない」として大量リコールに踏み切った。


 メニュー・フーズ社は米食品医薬品局(FDA)にリコールを報告。FDAは、同社向上への立ち入り検査などに着手した。(2007/03/18 CNN mobileより)


 『当局筋は、中国から輸入した小麦粉にネズミ駆除剤が残留していた可能性を示唆したという』(2007/03/24 時事通信より)



まだ、情報が鎮綜していて、確定した情報ではありませんが、現在(2007/03/26)の情報は以上のようです。


 このメニュー・フーズ社というのは、北米にある多数のペットフードメーカーが、缶詰やドライフードなどの製品を委託している製造業者です。


 今回のリコールに挙げられたメーカーの中で「アイムス」「ユカヌバ」「ニュートロ」「サイエンスダイエット」などが著名なところでしょうか。対象となる商品は、ウエットフードで、ドライやビスケット、トリーツは対象外なようです。


※ソリッドゴールドもアズミラもリコールの対象になっていません。問題になっている「小麦」ですが、ソリッドゴールドもアズミラも使用していません。


②ペットフードは、「ペットの健康を考えて作られた製品です」と言いたいところですが、今回のニュースでもお分かりの通り、現実はその逆で多くのメーカーでは怪しい素材を使って作られているものがいかに多いかがわかります。


そして、一番悲しいことは、その現実を知るのは「ペットの死」もしくは「ペットの病気」によって初めて知ることになるのです。


 ペットを犠牲にしてまでも、企業の利益を最優先する製品が今日も作り出されているのです。


 その材料の一つが「小麦グルテン」です。


小麦は日本でも弥生時代から食されてきました。それだけ人間には大切な食材でありますが、しかしペットではどうでしょうか?以下の説明でご判断下さい。


小麦はデンプンを主とした炭水化物を67~78%含み、タンパク質も6~17%含んでいます。


小麦に含まれるタンパク質の90%は「グリアジン」と「グルテニン」で、これらは水と結びつくと粘質性のある「グルテン」という物質になります。このグルテンは。パンにふっくらとした膨らみをもたせる等の効果があります。


しかし、この「小麦グルテン」というタンパク質が、一部の人間や犬達にもアレルギー性皮膚炎を発症させるもので、注意が必要です。


また、「セリアック病」もグルテンが引き起こす病気として有名です。


セリアック病(Celiac Disease)は、小麦や大麦、ライ麦などに含まれるタンパク質の一種であるグルテンに対する自己免疫疾患。グルテン性腸症、またはセリアックスプルー(Celiac Sprue)とも呼ばれる。


小腸内膜には絨毛微絨毛と呼ばれる小突起が存在して栄養の吸収を行なっているが、セリアック病の患者がグルテンを含有する食物などを摂取すると自己の免疫系が小腸内膜部を攻撃して絨毛などを損傷してしまう。この結果、小腸から栄養を吸収出来なくなり、食事の量などに関らず栄養失調の状態に陥る。(ウッキペディアより)


まして、ペットフードの原材料として使用されている「小麦」または「小麦粉」は、人間用の上質なものなのか、または家畜用の飼料としての低級のものなのか、これを判断するには他の表示されている素材を見れば分かります。


人間用のランクの場合は、「全粉」ちか「粗挽き」とか記載されています(しかしそれでもアレルギーの懸念がなくなるものではありません)。


はっきり言って、人間用のランクのものは原材料の面から考えてもしようされないでしょう。


以上、ソフィアさんからの資料をそのまま使わせて戴きました。もう一度、今食べさせているフードが、何から作られているのか見てみて下さいね。長くなりましたが、お付き合い戴いてありがとうございます。


(※資料を掲載する旨、ソフィアさんに了承を得ています。)

スポンサーサイト
Posted by りょう&muku
 
[ペットフード]  thema:かわいい♪コーギー - genre:ペット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。