Un cane dell mia casa ~我が家の犬~ (犬名 ADAMANT OF BEAUTY DOLL FCI)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by りょう&muku
 
[スポンサー広告
お勉強でもしますか~

久々にソフィアさんからの情報を載せたいと思います。

今回は「結石とpHコントロール食」についての資料をひたすら打ちます(笑)

 犬も猫も結石を起こす数は相当なものです。

 寒くなると、特にこの相談が急増します。

 そして「結石(ストルバイト=リン酸アンモニウムマグネシウム=アルカリ性結石」になって獣医さんへ行くとほぼ100%の確立で「酸性尿になる食事=pHコントロール」のフードが勧められます。

さすがに最近は「今まで与えていたフードにマグネシウムが過剰にはいっていたから、結石になった」と話す先生は少なくなったようですが・・・。

今回は、このご相談の多い結石pH(ペーハー)の観点から、検証してみます。

<食事内容から見た結石の原因>

 よく獣医さんに「ササミを与えると良いといわれたので・・・」と飼い主さんはおっしゃいますが、何らかの病気で体力をつける意味での短期間は仕方ありませんが、身体に悪い影響を与えることの方が多いものです(鶏肉の抗生物質の残留も含めて)。

ササミや牛肉の生、肉類のジャーキーは与えない事です。

このような食生活を続けますと、血液が酸性に向かいます。これが「高タンパク質高脂肪食」の一つの弊害です。

例えば、ササミは100g中 リンが200mg、カルシウムが8mgと圧倒的にリンが多く含まれています。

リンは必須ミネラルですが、多すぎると血液を酸性にしてしまいます。

酸性化した血液を中和するのに、身体はカルシウムの貯蔵庫である骨からカルシウムを溶け出させて汲み上げます=脱灰(だっかい)といいます。

しかし、この時溶け出した骨の成分(カルシウム等)によって、身体がアルカリ化してしまう調整するために、尿からアルカリを排泄しなければなりません=アルカリ尿の発現となります。

ここで新たな問題がでてきます。

通常尿道や膀胱中に存在している大腸菌群は、弱酸性の環境においては際だった繁殖をしませんので、いわゆる常在菌としておとなしくしています。

 ところが、尿がアルカリ性の環境になるものですから、これはチャンスとばかりに増殖をはじめ、毒素をだし尿道や膀胱の粘膜を痛めつけてしまうのです=尿に血が混じる。

結石の端緒に、必ず「膀胱炎」が絡んでくるのはこの為です。

ですから、ストルバイト結石の場合には、抗生剤や抗炎症剤を獣医さんは使用します。そして、大腸菌群にとって苦手な酸性の尿にする「pHコントロール食」を勧めるのです。

ところで、「酸性尿になるフード」を与える事は間違いではありませんが、正しくはありません。

なぜなら、この食事をある程度に期間与え続けると、今度は「シュウ酸カルシウム結石=酸性結石」を発症します。

おしっこが過度の酸性尿になるために、今度はアルカリ性結石であるストルバイト結石と真逆の酸性結石(=シュウ酸カルシウム結石)になってしまうのです。

現実に、その両方の症状を呈している犬たちが多く存在し、獣医さんもお手上げとなっています。

「シュウ酸カルシウム結石=酸性結石」というのは、一昔前は殆んど耳にすることはありませんでした。ストルバイト結石が増え、尿を酸性にするフードに切り替え、その給与期間が長くなってしまって、「シュウ酸カルシウム結石」を併発してしまったのでしょう。

★もし、酸性尿になるフードを与えたとしても、一ヶ月までにしてください。そうでないとやがて心臓肥大の問題もでますので・・・。

さて、骨から溶け出した(脱灰)カルシウムですが、身体にとって実際ふそくしている状態なのですから、再吸収しようと腎臓にとどめておきます。

そこで結石が形成されるのです。

実際は、身体はこれを再吸収できませんので、結石のサイズは大きくなったり、数が増えることになります。これらがだんだんと降りてきて、サイズによっては尿道を塞ぎ、あるいは膀胱を傷つけ、血尿になったる、無水になったりします。

石は全部出たわけではないので、何度も何度も同じ症状が繰り返されるのです。

これがpHコントロール用のフードを長く続かせる理由になります。

pHコントロールのフードから別なフード(優れた品質のもの=ソリッドゴールドやアズミラ)に替えたら、また再発したという意見は正しい理屈ではありません。

現にpHコントロール食を与えていても、再発、再々発する例があふれています。そして、酸性尿になるフードを長く与え、次のシュウ酸カルシウム結石が発症するので=ある意味医原性です。

また、その原因として、品質に伴わないペットフードが多いのですが、ミネラル類がキレート化やたんぱく質化合されていないフードは、カルシウムなどの体内利用率が低いので、結石の原因になってしまいます。

どうでしたか?

難しいけど、なんとなく分かりませんか?

次回は、環境から見た結石の原因を紹介します。

そしてお知らせです♪

明日、モエレ沼いきますよ~~~~~

朝の7時くらいにはいければ・・・と思っています。

混んでないうちに、お散歩です。

以上、mukuよりお知らせでした。

スポンサーサイト
Posted by りょう&muku
comment:0  
[muku&りょうの事???
comment
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。