Un cane dell mia casa ~我が家の犬~ (犬名 ADAMANT OF BEAUTY DOLL FCI)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by りょう&muku
 
[スポンサー広告
心の準備
そろそろ、mukuも旅立つ準備を始めています。
ますます、死臭がきつくなってきました。

そして私も、心の準備をしなくてはいけない・・・・

でもmukuは安心していけないんだと思います。ご飯も食べず、飲み物も口にせず、私を見つめる

私がいつまでもめそめそしてるから、旅立てないのかもしれない

なるべく笑顔で、笑顔でmukuと接してあげないとって思えば思うほどつらくなる

本当に、悔しいです

組織救性肉腫が憎いです

あっと言う間に、mukuの体を蝕み、大好きな食事も・散歩もmukuから奪った


でも、ちゃんと受け止めなくてはいけない
今、こうしてmukuは頑張ってる

私の事を心配してる


苦しくて、辛いのに

なのに苦しんでる愛犬を前に、私はどうしていいのかわからない

名前を呼んで、大丈夫だよ、大丈夫だよって撫でてあげることしかできない自分にも腹が立つ


muku、あとどのくらい一緒にいられるかな?
あとどのくらい、名前呼んだら反応してくれるかな?
muku、muku・・・・もう一度笑ってくれないかな?

muku、大好きだよ
大好きだよ、muku


もう一度、mukuの笑顔見たいよ


スポンサーサイト
Posted by りょう&muku
comment:4  
[組織球性肉腫
muku
進行性の早い癌は、本当に怖いです。

足にも転移していることがわかりました。

21日には、朝から食べなくなり・・・
私は最後のお仕事だったので、知り合いにmukuを預け仕事に

朝から何も食べないmukuを、病院に連れてってくれて

レントゲン、エコー、胸水(200㏄抜く)

もう、心臓が機能をはたさなくなってきている状態です。

本人も寝るに寝れない、だから体力も奪われる

飼い主の私を思い、安楽死も視野に入れておくようにと言われました。

確かに、mukuは熟睡できずにいます。寝ている時も、場所移動を何度もします。

可哀想です


でも、そんな中でも食欲は元に戻りました。

きっと、自宅に戻れたから嬉しかったんだと思います。

気づいてあげれなかった自分を責め、安楽死という言葉が頭を駆け巡り、本当に悩みました。

mukuは、私の為にがんばっているんじゃないか?
苦しいのに、私の為にって

でも、muku君もりょうさんと一緒にいたいから頑張ってるんだよって言葉に我にかえりました。

mukuの命があとどのくらいなのかは、全然見当もつきません。

mukuへのプレゼントは、一緒に居てあげることを選んで正解だったと思います。

10年間勤めた会社ではあったけど、辞める決意をしてよかったです。
お留守番ばかりの9年間だったし

今は、今まで食べた事のないものを食べています(笑)

本当に恐ろしい病気です。

食事に気をつけていた分、物凄く悔しさでいっぱいです。

元々持っていたとしか思えません。



私からのお願いは一つだけです。
眠るように逝ってくれれば、それだけで私は充分です。
今は毎日苦しい思いしてるから、せめて最後ぐらいは

だから、mukuは頑張らなくていいその日が来るまで、楽しいと思える日々をおくってくれればいい


きっと、早い発見だったとしても進行性の早い癌には勝つことはできない。
残された時間、楽しく過ごそうね、muku

大好きだよ、muku
Posted by りょう&muku
comment:6  
[組織球性肉腫
組織球性肉腫
今月の初めJBVP 日本臨床獣医学フォーラムに問い合わせをしていました。

回答が来ましたので載せます。



 りょうさん。はじめましてJBVP幹事の林宝(りんぽう)と申します。こちらの手違いで返信が遅くなってしまったようです。申し訳ありませんでした。 
 組織球性肉腫は、非常に進行が早く、悪性度の高い腫瘍(がん)です。ウエルシュ・コーギーは他の犬種と比較して組織球性肉腫の発生率が高いことが知られています。治療は抗癌治療が第一選択となりますが、切除が可能な状況では外科摘出を行った後に抗癌治療を行う場合もあります。また、手術の代わりに放射線治療を考慮する場合もあり、一定の効果があることがわかっています。要するに同じ組織球性肉腫でも進行度や発生部位などの状況によって治療法の選択はケースバイケースという事になります。但し、外科手術だけを行っても治療効果が低いため、いずれの治療を行うにしても基本的には抗癌治療の併用が必要です。
 抗癌治療を含む積極的な治療を行った場合の平均的な延命期間は6ヵ月程度であり、最も治療の難しい癌ですが、近年では長期延命の報告もされています。ご心痛の事とお察し致しますが、主治医の先生と詳しく治療方針をご相談なさって頂きたいと思います。




まず、コーギーに多いという回答にビックリだけど、じゃ~なぜネットで検索してもヒットしなかったのか?
きっと、回答にも書いてあるけど、進行が早すぎるという点。
だから、気づいた時にはすでに遅いケースだったのかも。組織球性肉腫と分かる前に命を落としてしまっているのかもしれないです。

抗がん剤治療をしても余命期間は6ヵ月・・・そして最も難しい癌

私の知ってるコーギーは♂ばかりです、異常が見られた時はすぐに病院に行って下さい。

mukuの命もいつまでかも、全然分かりませんが、応援してくれてるみんなの為に頑張ります。
Posted by りょう&muku
comment:2  
[組織球性肉腫
むくの様子
昨日北大動物病院へ行きました。
本来みて戴ける先生に診ていただき、細胞診の結果、間違いなく組織球性肉腫でした。

抗がん剤治療はしませんとお断りすると・・・え?という感じでした。

私たちは、先生の言うことを聞く、それが本来正しい選択と思いがちではないでしょうか?

先生が言ってることが、自分が思うことに反していたとしてもおかしくはないと思います。

今回の決断は、mukuが犬らしく生活するための決断でもあります。

最近、親戚の大ちゃんが同じ病気で亡くなったことをしり、ショックをうけました。

まだまだ症例の少ない病気です。

抗がん剤しか治療方法はないようです。

でも、それが犬にとっていいことなのか?
本人の体力等考慮した上で、そして犬らしく生きて欲しいという気持ちでいっぱいです。

これで、寿命を縮めることになったとしても、抗がん剤治療して副作用で苦しむ姿を見るよりは・・・と思います。

抗がん剤も効かなければ、違う抗がん剤となってしまいます。

中には凄くキツイ抗がん剤もあります。

抗がん剤しかないと言われても、まずは考え選択して欲しいと思います。

だから、私はmukuを守ります。

どのくらい生きれるかわからないけど、残された時間今まで以上に愛情を注ぎ、時間を共にしようと決めました。

私ひとりの力では、どうすることも出来ないことも出てくると思います、その時は助けてもらいながら頑張ります。

Posted by りょう&muku
comment:2  
[組織球性肉腫
治療方法
北大動物病院へ行きました。

mukuの病名は『組織球性肉腫』だと思われる・・・

胸水がたまる例はその先生は見た事がないとのこと

細胞診を取り、検査に出すことに

症例の少ないケースは、どうしてもこういう大きい病院は欲しいはず

病名も、だと思われる段階で抗がん剤を進めてきた

ロムスチンという輸入薬の抗がん剤

3週間に1クール・・・ってことは、非常にきつい薬でもある。

副作用も調べたら、強い

肝機能低下・血小板の低下・・・

mukuのこの状態で、非常にリスクが高すぎる
食欲があるのに、副作用が出たら、嘔吐

食事が取れなくなる


試して、胸水がなくなるとか癌の一個でも消える確立が少しでもあるならまだしも、わからないとの先生のこたえ

この抗がん剤がだめなら、他の物、それがダメなら違うもの

もし、こうなった時mukuの体は耐えられないと判断し、抗がん剤治療は見送り

細胞診の結果を聞いた上で、再度決めることにしました。

必死に生きようとしているのに、今、抗がん剤を始めたら
かなりの負担になるだろう


大好きなご飯も食べれなくなるかもしれない。
もしかしたら、うまく行くのかもしれないけど、低い確率にかける勇気など私にはない

寿命が短縮されたとしても、今のmukuにとって一番いい方法を選んであげようと思う。

苦しまないことが、一番前提

胸水がたまる可能性もまだあるから、気をつけなければならない


Posted by りょう&muku
comment:2  
[組織球性肉腫
mukuの容体
mukuの病名は

組織球性肉腫という病気でしょう

今週の水曜日、CT検査の予定でしたが抗がん剤治療することになりそうです。
まずは、水曜日に行ってみないとなんとも言えませんが、病名はほぼ間違ないと思います。


毎日、呼吸は少し荒く、日に日に痩せてる感じも見受けられます。

この病気は、遺伝なのでしょうか?
それにしても、余命宣告はきつ過ぎました。

mukuと過ごした9年間、mukuは本当に幸せだったのでしょうか?
毎日毎日、留守番ばかりの生活が、mukuにとって幸せだったと言えるのかな?

そう考えると、飼い主として気づいてあげれなかった自分を責めます。

それでなくても、食事に気を使ってきた9年間でもあります。

だから尚更、悔しい思いしかありません。

食欲があるので、まだ幸いですが毎日とても心配です。


血液検査だけではなく、レントゲンも撮るようにして下さいね。
mukuのようなことがありますから、健康診断の時は必ずレントゲンも一緒にです!!


こんな形でですが、またブログスタートしていこうと思います。

この病気の情報があまりにも少ないからです。

時間ある時は、なるべく更新していきますので、またお付き合い戴ければと思います。
Posted by りょう&muku
comment:6  
[組織球性肉腫
報告です
大変ご無沙汰しております。

皆さん、ワンちゃんは元気に過ごされていますか?


mukuの体調が芳しくありません。

11月、掃除当番で朝30~40分早く出ていた私
精神的に弱いmukuなので、そのせいで下痢になっているんだと軽く考えていました。
食欲もあり、散歩も元気に行っていましhたが、呼吸が荒い感じがして
急遽、病院へ行くことにしました。

血液検査、異常なし
歯ぐきの色も良好
食欲もあり

でもレントゲンに写ったmukuの体内は、真っ白
胸骨内部の大きな腫瘍と転移らしい肺に小さな腫瘍があり、大きな腫瘍に押し上げられ心臓と肺が上部に押し上げられています。そのせいで、肺にも水がたまっています。

来週CT検査を受ける予定で、先生と日程を組んでます。


余命は1カ月です。

それだけ酷い状況ですが、食欲もあり活発までは行かないけど、動いてることに先生は驚いています。

普通の子は、ここまで酷いと寝がえりもできないし、呼吸ももっと荒いということですが・・・。

Posted by りょう&muku
comment:4  
[犬の事
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。