Un cane dell mia casa ~我が家の犬~ (犬名 ADAMANT OF BEAUTY DOLL FCI)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by りょう&muku
 
[スポンサー広告
人生いろいろ(笑)
ご訪問ありがとうございます♪

新しい仕事につき、もう少しで一カ月になろうとしています。

いろんな会社があり、いろんな人がいる。

日々勉強でございます。

が、正直大変。いろいろが・・・

でも、負けないぞ!!と意気込みだけは、どこからか湧き上がる。

この湧き上がる気持ちがある時に、100%に頑張ります。

そして、4月2日

mukuが生きていたら、12歳の誕生日です。

亡くなって2年ちょい経ち、本当に早いね。

mukuの死とちゃんと、私は向き合えたのかな?
少しは成長できたかな、ふと思うことがある。

毎日、後悔しないで生きているかな?

そんなことを思いながら、人生っていろいろと思う。

毎日、笑顔でいれてるかな?

真央ちゃんの笑顔に私までほっこりしながら、思う。

人生壁にぶち当たっても、乗り越えられる自分でありたい。


みんなに優しくできる人でありたい。
思いやる気持ちを忘れない人でありたい。

そんなことをふと、ふと思った日でありました!



感謝♪
スポンサーサイト
Posted by りょう&muku
 
[独り言
いい加減

10月から、とっても有意義な時間を持て、自分の進むべき道を探したりと、とっても充実した毎日でした。

そんな私もいよいよ、就職活動を開始(笑)

ハローワークに通いながら、一回5件まで印刷出来るから少しでも気になるところを印刷してきたりと、ようやく最近動き始めました。

1月20日で失業保険も終わり、自分の中で出来れば1月中旬か、2月初めくらいから働き始めれたらと思っています。

こんなダラダラ生活していた中にも、学ぶことがあったように思えます。

去年、今年と(特に今年は)、泣いてばかりの一年であり、一番大切なパートナーを亡くし、目標をも失いました。

それまでは、食べさせなきゃいけないから、頑張らないとって思えてた。
でも、その頑張るも、無くなり、自分はどの方向に向かうべきなのかも見失いかけてた気がします。

まず、自分が仕事に対する意欲が、まったくなくなり、働いている自分も想像も出来ず

それでも、時間は過ぎていく

だからといって、全然焦る気持ちもなく

こんな自分、初めてで

でも、ようやく働く意欲がだいぶ出てきた(笑)

mukuの為に頑張ってきた仕事ではあったけど、今度は自分の為に頑張ろうと思う。

頑張る目標がなくなったとき、本当に近い将来の自分も想像すら出来ない

でも、きっとそんな時間もmukuからのプレゼントなんだろう

ゆっくり、自分を見つめ直す時間をmukuは、私に与えてくれたんだと思う

いいね、こういうのんびりした生活

私にはあってる(。→ˇ艸←)プッ

生活しないといけないから、働きます



一応、ご報告でした


元気に毎日過ごしています!

Posted by りょう&muku
 
[独り言
ご冥福お祈り致します。
お友達のワンコが亡くなりました。

11月12日 午後12時ごろ、飼い主さんの腕の中で・・・

いつか消えゆく命、そんな事はわかっている、わかっているけど気持ちが追い付かない

まして、病気で尽きる命

飼い主さんも、毎日頑張られてました。

でも、一番頑張ったのは、桃尻ちゃんだよね

本当によく頑張りました。


mukuを迎えに行かせます、ちょっと頼りないmukuだけど安心してね。


桃尻ちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。




そして、ありがとう
Posted by りょう&muku
 
[独り言
現実逃避したい気持ちでいっぱい
mukuが亡くなって、もうだいぶ時間が過ぎました

mukuがいない生活、一年前は考えてもいなかった

いつか訪れる死ではあるけど、mukuは9歳という若さで、平成24年1月4日に死ぬために産まれてきたのか

病気になったんだから『仕方がない』そう、自分に言い聞かせた時もあったけど


でも、『仕方ない』で済まされない気持ちもあり

そして、短期間にmukuの親戚のコギが悪性黒色腫という癌に侵され、ワン友さんとこのワンコは突然亡くなり、そして悪性神経髄鞘腫という病気になったワンコがいたり、病名がわからないで闘ってるワンコもいる

病気になる為に産まれてきたのだとしたら、こんなに悲しい事はない

でも、病気になっても長く生きれるワンコもいる、やっぱりその子その子の、産まれ持った寿命なんだろうか

なんとも言えない複雑な気持ちでいっぱいの今日この頃です。

このブログも一時閉鎖も考えた

生きてるmukuがいないと意味がない気がした

mukuがいたから、始めたブログ

mukuがいたから、沢山の方に知り合えたブログでもある

でも・・・でもなんだよ

この世から、病気なんてなくなればいいのに


どんなに手をつくしても、どんなにお金かけてもmukuは助かる事はなかった
それでも、mukuは幸せだったのかな?

そんなふうに、思う

きりがないんです

わかってるんだよ

わかってるんだけど、9歳という若さで死ななきゃいけなかったmukuを思うと納得できないんだよな

病気の子の事が耳に入ったり、突然亡くなったり

正直、mukuの死から立て続けに悲しい情報が耳に入り、滅入っています

凹んでます・・・

辛いです

ワンコ飼わないの?って聞かれます

この次迎える子は、保護の子と決めていましたが、mukuが9歳で亡くなってしまって、保護の子を迎え入れたら何年一緒に居れるのかな?迎えてすぐ、また私の元からいなくなったらと思うと、なかなか・・飼おうという気にはなれない。


なんだか、私の気持ちは梅雨に入っています・・・

毎日楽しく過ごしてる

そう思うのは気のせいなのか・・・



Posted by りょう&muku
comment:9  
[独り言
これが現実です
札幌動物管理センターの「殺処分」の瞬間

お友達の所で知りました。

今回、北方ジャーナルが、動画を公開してくれた。

決して、目をそむけてはいけない事実です。

決して安楽死ではない事を、一人でも多くの人に知ってもらいたいです。

どう受け止めるかは、人それぞれですが
犬も猫も私たち人間と同じだということです。

犬や猫を殺す為に、税金を納めているわけではありません。
決して私たちが、どうぞ殺して下さいと市に言ってるわけでもありません。

苦しんで死んでいく犬、何の為に殺されなければならないのか、何故この世に生まれてきたのか、何故一度飼われた犬や猫たちが、家族のもとを去らなければいけないのか・・・



私も、去年mukuを手放そうと思ったし、そんな偉そうな事は言えないけど

でも、命はとっても大切です。

それが、どんな命でも大切な命です。

どうぞ、勇気のある方はご覧ください。


北方ジャーナル



Posted by りょう&muku
comment:2  
[独り言
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。