Un cane dell mia casa ~我が家の犬~ (犬名 ADAMANT OF BEAUTY DOLL FCI)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by りょう&muku
 
[スポンサー広告
人生いろいろ(笑)
ご訪問ありがとうございます♪

新しい仕事につき、もう少しで一カ月になろうとしています。

いろんな会社があり、いろんな人がいる。

日々勉強でございます。

が、正直大変。いろいろが・・・

でも、負けないぞ!!と意気込みだけは、どこからか湧き上がる。

この湧き上がる気持ちがある時に、100%に頑張ります。

そして、4月2日

mukuが生きていたら、12歳の誕生日です。

亡くなって2年ちょい経ち、本当に早いね。

mukuの死とちゃんと、私は向き合えたのかな?
少しは成長できたかな、ふと思うことがある。

毎日、後悔しないで生きているかな?

そんなことを思いながら、人生っていろいろと思う。

毎日、笑顔でいれてるかな?

真央ちゃんの笑顔に私までほっこりしながら、思う。

人生壁にぶち当たっても、乗り越えられる自分でありたい。


みんなに優しくできる人でありたい。
思いやる気持ちを忘れない人でありたい。

そんなことをふと、ふと思った日でありました!



感謝♪
スポンサーサイト
Posted by りょう&muku
 
[独り言
思うこと
ご訪問ありがとうございます。


mukuを飼い始めたころ、安楽死を疑ってなかった。

mukuを通じて会うことが出来た方が、保健所から犬を引き出しては里親さんを募集していました。
その方に聞いた衝撃は「安楽死ではなく、窒息死ですよ」

大型犬は、まだ呼吸が残ってるうちに焼却される場合がある・・・

そこからです、mukuが死んだら、今度はそういう可哀そうな子を助けようって心に決めたのは。

会社勤めしてたらなかなか出来るものではありません、だから私が出来ることをしようと思いました。



そして今、mukuを通じて出会った方が
なんとかしようと、動いていらっしゃいます。

元飼い主を見つけ、見合った罰則を。
そうでもしないと、安易に飼い、安易に捨てる人が減らないのです。

影で頑張ってる、個人・団体のボランティアさんがいます。
保健所からだしても出しても、減ることはないのですから、大変です。


確かに、遺棄罪での検挙は難しい。
目撃や証拠も必要になり、同じ生き物でも「物」扱いされて犬や猫の遺棄罪での検挙は相当大変だと思います。


でも、待ってても不幸な犬や猫は減りません。

並大抵のことではない、だけどその方は頑張ってらっしゃいます。

だからこそ、私も手伝えることは手伝いたいとおもっています。

最初は小さな力でも、そんな少しがいっぱい集まれば多くの力になります。



大切な命を守りたい 
わんおばさんの犬助け奮闘記
  


以下一部コピペ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【経  緯】 

12月中旬より 札幌市南区藤野にて セント・バーナードが放れているとの目撃情報が 札幌市動物管理センターに数件入り、捕獲に向かうが 何度も逃げられ 12月26日 体力を消耗し 動けなくなり ようやく捕獲される。

この時には 首輪も何も付けられていなかったとの事。

マイクロチップも確認したが 挿入されていなかった。


セント・バーナードのスムース(短毛)種と思われます。

未去勢オス 推定年齢1歳前後 首周りの毛に 首輪の形跡無く、また リードを着けると激しく拒絶するので リードを着けての散歩経験は乏しいと思われる。

札幌市に該当する登録は無く、南区のブリーダーにも確認したが該当する犬は居なかった。

1月10日の収容期限まで 飼い主は名乗り出ず、また 飼い主に関する情報も一切なく

1月14日に譲渡可能犬となり、センターより引出し。

現在は 友人宅に預かって頂いている。



【特 徴・その他】

1月14日 動物病院にて健康診断。

血液検査からは 軽い栄養失調が見られるものの 疾患が疑われる数値はなく、

フィラリアも陰性で 健康との診断だが、

便からは 回虫とコウ虫が見つかり駆虫治療。


と、云う事は 昨年のフィラリア予防はされていなかったものとの所見。


    ★ ★ ★ ★ ★



外見の背中の柄に特徴があり、また珍しいスムースである事、

セント・バーナードの茶色が ベージュっぽく、良くある赤茶色とは若干色味が異なる事位しか

特徴はありませんが、遊び方 皮膚の柔らかさ 抜け毛が少ない事からも 若い犬(1歳未満の可能性大)です。


今は預かり先の友人宅で のんびりと寛ぐようになったものの

名前も判らず、当初の怯えっぷりは酷く せめて名前だけでも呼んでやれたら・・・と思いました。



気性的には かなりビビリの子です。


どうか このような可哀そうな放棄犬を減らすためにも

何か手がかりがあれば ご協力お願い致します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



セントバーナードの繁殖者は少ないですから、そこからおって、仮に出身の犬舎が分かっても、ペットショップに卸していたら。
そこからが、また大変。個人情報保護法もありますから、ペットショップの協力も必要となってきます。

飼われてた環境や何かが少しでもわかれば
最初に付けてもらった名前で呼んでもらったら、すごく喜ぶと思う。



どうか、みなさんの力を貸して下さい。
たくさんの命が救われますように、住みよい日本になりますように。


読んで下さり、ありがとうございます。

感謝
Posted by りょう&muku
comment:0  
[お知らせとお願い
拡散希望!!
いつもご訪問ありがとうございます♪

昨年、12月中旬札幌市南区をセントバーナードが放浪。

やっと捕獲され動物管理センターに収容。

今、安易に買い、安易に捨てる人が多いです!!

小さくても大きくても、命は命に変わりません。

どうか、拡散お願い致します。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以下一部コピペ

【経  緯】 
12月中旬より 札幌市南区藤野にて セント・バーナードが放れているとの目撃情報が 札幌市動物管理センターに数件入り、捕獲に向かうが 何度も逃げられ 12月26日 体力を消耗し 動けなくなり ようやく捕獲される。
この時には 首輪も何も付けられていなかったとの事。
マイクロチップも確認したが 挿入されていなかった。
セント・バーナードのスムース(短毛)種と思われます。

未去勢オス 推定年齢1歳前後 首周りの毛に 首輪の形跡無く、また リードを着けると激しく拒絶するので リードを着けての散歩経験は乏しいと思われる。
札幌市に該当する登録は無く、南区のブリーダーにも確認したが該当する犬は居なかった。

1月10日の収容期限まで 飼い主は名乗り出ず、また 飼い主に関する情報も一切なく
1月14日に譲渡可能犬となり、センターより引出し。
現在は 友人宅に預かって頂いている。
【特 徴・その他】
1月14日 動物病院にて健康診断。
血液検査からは 軽い栄養失調が見られるものの 疾患が疑われる数値はなく、
フィラリアも陰性で 健康との診断だが、
便からは 回虫とコウ虫が見つかり駆虫治療。
と、云う事は 昨年のフィラリア予防はされていなかったものとの所見。
    ★ ★ ★ ★ ★
外見の背中の柄に特徴があり、また珍しいスムースである事、
セント・バーナードの茶色が ベージュっぽく、良くある赤茶色とは若干色味が異なる事位しか
特徴はありませんが、遊び方 皮膚の柔らかさ 抜け毛が少ない事からも 若い犬(1歳未満の可能性大)です。




大切な命を守りたい
 わんおばさんの犬助け奮闘記










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どうか、こういう不幸な犬や猫が一頭でも減りますように

命を命と思わない人が減りますように

願う事はたくさんあります


どうぞ、みなさんの力を貸して下さい。
よろしくお願い致します。



最後まで読んでくださり、ありがとうございます。



~感謝~


Posted by りょう&muku
comment:0  
[お知らせとお願い
すごーーーーーくお久しぶりです
ご訪問ありがとうございます♪

早いもので、もう2月

札幌は年々、しばれる日が多くなってる気がするのは気のせいかしらね。

年末、実家に帰り、たぶんめいっこチャンの風邪をもらい、JRでインフルを頂戴したらしく

正月早々、風邪+インフルエンザAにやられ、一週間会社お休み・・・

とんだ年明けを迎えたわけですが(^_^;)


mukuが余命一カ月と診断され、仕事を辞め、本当に余命通り一カ月で天に昇り、少しゆっくりして臨時職員で半年勤務して、失業保険もらうために半年間、初の無職を体験し、おおいに遊び、楽しい毎日を送り

去年の1月・・・いや2月に重い腰をあげて就活(笑)

運よく拾われ、派遣社員で徒歩圏内のところに勤務出来ました。

もう少しで、そこでのお仕事も一年。


mukuの病気が発覚する前に、ひそかに面接を受けた会社から

お誘いを戴き、今の仕事も途中になってしまうし、でも正社員がいいし


結局、今の会社での昇給は1円もなく、このままここにいれるわけじゃないし、

どうしようと迷いながら、正社員の道を選ぶことにしました。
心の葛藤がありました。
今の職場の方々にも、大変お世話になり、本当によくしてもらいましたから・・・。
でも、今後の生活の不安を解消するのは、やはり正社員!!

そのお話を戴いたのが先週の中くらいで、急なこともあり3月からでもよろしければ、お願いしますといいました。

そしたら、そくOK

え?え???

え?採用ですか?
えええええ!!


と、とんとん拍子に事が進み、派遣の退職の手続きをしてもらい、3月から正社員で働く事になりました!!

実は、先週
前から欲しかった
サンキャッチャーを探していたんですけど、結構お高くて手頃なのをオークションで見つけて(新品)、直感で選んだのが「幸運」というタイトルのサンキャッチャー

入札参加した、次の日にこのお話が舞い込んできた。

いや~んでしょ(笑)

しかも、3月からお世話になる会社には、2年前の10月?に面接してるにも関わらず、私の事をふと思い出してくれたっていうんだから、ここでもスゴイですよね~。



いやいや、去年の誕生日(11月)、なんとなく流れがいい方向に向きつつあるかもっ!なんて思ってたんだけど、ようやく動き出した感じですね。

嬉しい限りです。

でも、こんな爪では行かれんよね~

Bf8k3eLCAAEa-jy.jpg 

先週の土曜日に変えてきたばかり

本当に、とんとん拍子すぎるほどに、仕事が決まったんです。


Posted by りょう&muku
comment:1  
[生活
あっという間の一年
ご訪問ありあがとうございます。

今年も一年早かった・・・
どんどん早くなる(笑)

どーにかしてーーーーデス

今年もたくさんの喜びと感謝でいっぱいの一年でした。

私自身、どのくらい成長できたのかな?

そして、ある気持ちに区切りをつけ、一歩前にすすもうと決断できました。

年が明けたら、4日mukuも二周忌です。

mukuが虹の橋をわたり、2年という月日が流れるんですね。

組織球性肉腫というがんがどれほど恐ろしいものか

あの小さな体を、がんがむしばんでいく

見てる側も、辛い日々でした。

みなさんの励ましの言葉も、ありがとうとコメント返ししたながら、

これ以上何をがんばればいいの?そんなふうにしか受け止めれなかった、あの頃。


いろんな病気があり、いまもたたかってるワンコがいますよね。

どうか前向きにいてほしい、毎日愛犬の前では笑顔でいてほしい。
普段は出来ることでも、病気の愛犬を前にすると、難しい事です。

それが一番のお薬だと思います。


では、よいお年をお迎えください。
来年もどうぞよろしくお願い致します。


感謝
Posted by りょう&muku
comment:2  
[muku&りょうの事???
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。